毎日マーケティングについて

お世話になります。林です。

ここでは、「毎日マーケティング」の概要・他社との違いなどについて説明しています。私達のミッション・ビジョン・サービスコンセプトについては、すべてこちらで紹介しております。

「毎日マーケティング」とは?

「毎日マーケティング」は、毎日10分、LINE上でマーケティング学習の進捗管理を行うことで、受講者のプログラミング学習のサボりぐせをなくし、受講者を一人前のエンジニアにしてしまうサービスです。

マーケティング初心者の受講者でもマーケティング学習に親しみやすいように、身近な事例を取り上げたブログの教材で、分かりやすく説明することを心がけております。基本的には代表である私が作りたいと思ったサービスを作る過程を公開し、みなさんにも作りたいと思ったサービスを作っていただくことでマーケティング能力を高めていきます。

「毎日マーケティング」と他社との違い

「毎日マーケティング」の教材ならびにサービスと他社の教材ならびにサービスとの違いは、「とにかく楽しい」ということと「徹底ぶり」にあります。

多くのマーケティンググスクールの教材では、基礎を学ぶ際に用いる教材はユーモアのかけらもない無味乾燥なものですが、「毎日マーケティング」ではほしいサービスを自分で作る過程で、プログラミングやネットビジネススキルの基礎を学んでいきますから、とても楽しくプログラミングやネットビジネススキルを学習することができます。

また、毎日10分、プロのマーケッターが勉強の進み具合を必ず管理することで、勉強のサボりぐせをなくします。これは、「いつでも質問に来ていいですよ」と謳うサービスとの大きな違いです。(「いつでも質問に来ていいですよ」と謳うサービスはえてして質問しづらいものです。学校生活でそんな経験はありませんでしたか?)

「毎日マーケティング」のミッション

「毎日マーケティング」のミッションは、「すべての人々に成功への機会を提供すること」です。

グローバル化が進む今日の社会では、実はベトナムでもバングラディッシュでもエンジニアの月あたりの給料というのはさほど変わりません。どちらも日本円にすると月30万円〜40万円程度です。おそらく日本でもそれより少し高いぐらいが平均かと思います。

「すべての人々に成功への機会を提供する」というミッションを実現するために、世界中のどの人種の人であれ、高収入を得る可能性の高いスキルとしてのマーケティングを教えることに力を注いでいます。

「毎日マーケティング」のビジョン

そんな「毎日マーケティング」のビジョンは「バベルの塔を壊すこと」です。「バベルの塔」とは旧約聖書の創世記に出てくる塔の名前で、人々が神のいる場所までたどり着けるという傲慢さの元で高い建物を立てた結果として、人類は言語をバラバラにされてしまい、意思疎通がしにくくなったという寓話です。

私達はこの「バベルの塔を壊すこと」によって、全人類の言葉を一つにし、グローバル社会の中で戦争と差別と貧困のない平和な世界を作ることを目的としています。そのために、世界中のありとあらゆる言語(当面はGDPが高い順に代表的な60言語への翻訳を目指します)で、この「毎日プログラミング」のコンテンツを広げることを目標としています。

「マーケティング」という全世界共通語をそれぞれの国・地域の言葉で広げることで、「マーケティング」の持つ思考回路を全世界にあまねく広げ、その結果として諸地域間の相互依存関係を発展させ、戦争と差別と貧困のない平和な世界を作ることに貢献できればと考えています。そして、その延長線上で、民間企業による効率的で効果的で安価なサービスをあまねく普及させ、我々の会社が「第二の政府」といわれるような公的な存在になることを私は希望しています。

「毎日マーケティング」のサービスコンセプト

そのためにはとにかくこのサービスを成功させなければいけません。日本だけでも現在マーケティング教育のサービスはたくさんありますが、そうしたサービスの欠点はとにかくつまらないことです。無味乾燥で、まったく面白くありません。自分のwebサービスを作りながらプログラミングを覚えられるサービスもありますが、つまらない人間がwebサービスを作ってもつまらないwebサービスができるだけです。

であれば、面白い(自称)私が、「面白いマーケティング教育のwebサービスを作ろう」と考えて開発しているのがこのサービスです。浅学非才の身につき、理解が不十分で、間違った解説をしている部分もあるかもわかりませんが、その場合にはメールでこっそり教えてください。それとなく誰にも言わずに直しておきます。あなたも含めて、みんなでこの「毎日マーケティング」というサービスをもっともっと良いサービスにしていきましょう。